クレジットカード審査落ちる理由の1つは虚偽記載

クレジットカードの審査で落ちる人の多くは、何らかの虚偽記載をしています。
虚偽記載の必要な人と言うのはブラックリストに載ってしまった人であり、通常の方法ではクレジットカードの発行ができない人なのです。
このような人は自分の住所を少し変えたり、名前の漢字を少し変えたりして審査の網をすり抜けようとするのですが、審査自体はコンピューターでも、本人確認は人の目でしているためごまかすことはできません。
申込内容と身分確認のために免許証のコピーが違うと問い合わせをすることになりますし、悪質な例だとコピー自体に細工をしている人もいるようです。
実在しない人の住所氏名は、個人信用情報機関のデータと突合してエラーが出ますからばれてしまうことが多く、審査で落ちる理由になってしまうのです。
クレジットカード審査不合格理由は?【審査甘いランキング!】